share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.21 THU

EC2のインスタンスを立ち上げる方法

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

こんにちは。
見習い職人の櫛田です。

今回は、AWSの入門として、EC2のインスタンスを立ち上げてみました。

まず、AWS Management ConsoleからEC2タブをクリックすると、
下記の画面が表示されますので、左メニューのKey pairsをクリックします。

そして、Create Key pairをクリックしKey pairを作成します。

下記のKey pair nameに任意の名前を入力します。

そうすると、下記のようなウィンドウが開きますのでキーファイルをダウンロードします。

これで、Key pairの作成は完了です。
下記のように、Key pairが追加されているのが確認できます。

次に、左メニューのSecurity Groupsをクリックし、セキュリティーグループを作成します。
そして、下記のCreate Security Groupをクリックします。

下記のName、Descriptionに任意のセキュリティグループ名と説明をいれ、VPCはNo VPCを選択します。

これで、下記のようにセキュリティグループが追加されているのが確認できます。

以上で準備ができましたので、実際にEC2インスタンスを立ち上げてみます。
まず、左メニューのAMIsをクリックし、利用したいAMIを選択したら右クリックのメニューから
Launch Instanceをクリックします。
(今回は、suz-labが提供しているAMIを利用しました)

下記のポップアップが表示されますので、各項目を設定します。

・Number of Instance:インスタンス数
・Availability Zone:ゾーンの選択
・Instance Type:インスタンスのタイプ

今回、オプションの選択は下記のようにデフォルトのままにしますが、
CloudWatchの機能やシャットダウン時の設定などをする場合は、各項目を設定するようにします。

下記の画面では、任意のサーバー名を設定します。

そして、先程作成したKey pairを設定します。

セキュリティグループは、先程作成したものを設定します。

下記の確認画面で問題が無ければLaunchをクリックするとインスタンスの立ち上げが完了します。

インスタンスが立ち上がっているのが確認できます。

以上のように、GUIから設定するのみでインスタンスの立ち上げが完了し、
あとは、立ち上げたサーバーにApacheやPHPを設定すれば、Webサイトの公開ができてしまいます。

※この記事は、なかの人(KUSSY8077)が書いています。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平