share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.22 FRI

Amazon Route 53のSLAは100%

WRITTEN BY 後藤 和貴

最近General Availability(一般提供)ステイタスになってBetaではなくなったRoute53ですが、
なんとSLAが100%とのことです。

Service Commitment
AWS will use commercially reasonable efforts to make Amazon Route 53 100% Available (defined below). In the event Amazon Route 53 does not meet the foregoing commitment, you will be eligible to receive a Service Credit as described below.

Amazon Route 53 SLA より

絶対に落ちないことを保証しているのかと勘違いしそうですが、1秒落ちてもAWS側に責任があると
定義しているだけで、当然サービス継続の努力は怠らないけれども、一定時間落ちてもよい契約ならば、
例えば100%ではなく99.95%という数字になるというだけです。
EC2などは上記のようになるかと思います。

では、サービスが一定時間落ちたらどうなるかについてですが、長さによってサービスクレジット(料金)を
リファンドすることになり、
時間とクレジットのマトリクスは以下の通りになります。

1 day Service Credit は your average daily Route 53 query charges とあるので利用(請求)期間中の
1日平均クエリー料金が適用されます。
これは、ボリュームによって変わりますが、要するにRoute53、1日分の料金に当たります。

SLAというキーワードで100%という数字を聞いたことがなかったので驚きましたが、
少し調べてみたら、契約モデルとしてはとてもフェアなものでした。

こちらの記事はなかの人(klog)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

後藤 和貴

執行役員 / エバンジェリスト。外向けにはイベントや勉強会などで講演する役割。社内ではマーケティング全般と新商品企画やPR戦略などを担当しています。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。