share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.26 TUE

EC2インスタンスのスペックについて

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

cloudpackが提供している専用サーバプラン、専用DBプランでは、EC2インスタンスのタイプによって
様々な料金帯をご用意しております。
このためプラン(インスタンスのタイプ)によってスペックが異なるのですが、このスペックに
ついてご紹介します。

EC2 仮想コア当たりのUnit数が2ECUの仮想コアが2つある場合は4ECUとなる。 仮想コア1つ当たりのUnit数もチェックポイントEC2インスタンスのスペック単位はECU(EC2 Compute Unit)
となっており、このECUは、仮想コア数と仮想コア当たりの
Unit数で決まります。
仮想コア当たりのUnit数が大きいと単一処理のパフォーマンスが
高く、また仮想コア数が多いと並列処理の効果が高くなります。
尚、1ECUは1.0-1.2 GHz 2007 Opteron または 2007 Xeon
プロセッサのCPU能力と同等です。

EC2上でどのようなプログラム処理を動かすかによって、どのインスタンスタイプが最適なのか
ご提案いたします。

詳細については、EC2インスタンスのスペックについてよりご確認ください。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。