share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.27 WED

S3ってなんじゃ?(RUBY SDK特急編)

三浦 悟

WRITTEN BY 三浦 悟

今回は、最近公開されたAWS SDK for Rubyを使ってみます。
尚、rubyがインストールされている前提になります。

まず、gemでsdkをインストールします。

# gem install aws-sdk

次に、SDKをgitから落としてサンプルディレクトリを見ます。

$ git clone git://github.com/amazonwebservices/aws-sdk-for-ruby.git
$ cd aws-sdk-for-ruby/samples/

アクセスキーの設定をするために、サンプルディレクトリ内に「config.yml」を作成します。

$ echo "access_key_id: アクセスキー" > config.yml
$ echo "secret_access_key: シークレットキー" >> config.yml

そして、S3にアップするためのテストファイルを用意します。

$ echo "Welcome Ruby" > welcome.txt

先程用意したテストファイルをアップロードします。

$ ruby s3/upload_file.rb hoge-bucket welcome.txt

すると、S3にファイルアップロードされ、AWSコンソール上でもアップを確認できました。

今回は、特急編ということで、AWS SDK for Rubyを使ってS3にファイルをアップロードするところまでを
簡潔に紹介しました。


追記:2011/07/29
もし、

ERROR:  Error installing aws-sdk:
        ERROR: Failed to build gem native extension.

/usr/local/bin/ruby extconf.rb
checking for libxml/parser.h... yes
checking for libxslt/xslt.h... no
....

と出る場合は、yumなどでlibxml2-develとlibxslt-develをインストールしてください。

こちらの記事はなかの人(memorycraft)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

三浦 悟

三浦 悟

高円寺在住のなんじゃ系男子 またの名をmemorycraftといいます。 炭水化物大好き 日々の「なんじゃ?」を記事にしてます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。