share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.29 FRI

S3ってなんじゃ?(RUBY SDK鈍行編1 ruby on railsの準備)

三浦 悟

WRITTEN BY 三浦 悟

今回は、S3をruby sdkで使うためにもう少し細かく見ていきます。
まず、rubyruby on rails をEC2にインストールしてみます。

rubyをインストールします。
まず、動作に必要な各種ライブラリをパッケージインストーラでインストールし、rubyは最新をソースからインストールします。

[訂正 2011/07/29] libxml2-devel ← libxml-devel (申し訳ありません、間違えていました)

# yum install git gettext-devel gcc rpm-build zlib-devel gcc-c++ openssl openssl-devel httpd-devel libxml2-devel libxslt-devel
....
# cd /usr/local/src 
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.2-p290.tar.gz
# tar xzvf ruby-1.9.2-p290.tar.gz 
# cd ruby-1.9.2-p290
# ./configure
# make
# make install

次に、railsを動作させるためにいくつかのツールをインストールします。

ruby opensslをインストールします。

# cd /usr/local/src/ruby-1.9.2-p290/ext/openssl
# ruby extconf.rb
# make
# make install

passengerとpasserngerのapacheモジュールをインストールします。

# gem install passenger
# passenger-install-apache2-module

そして、railsのインストールです。

gem install rails

インストールはこれで終了です。

次に、railsのプロジェクトを作ります。

$ cd /var/www/html
$ rails new -J -T myfirstcloud

作成したら、passengerモジュールをロードし、ドキュメントルートをプロジェクトディレクトリにするようにApacheを設定します。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
....
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.7/ext/apache2/mod_passenger.so 
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.7
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby 
....

   ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
   ServerName ec2-175-41-210-229.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com
   ErrorLog logs/ec2-175-41-210-229.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com-error_log
   CustomLog logs/ec2-175-41-210-229.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com-access_log common
   DocumentRoot /var/www/html/myfirstcloud/public
   RackEnv development

       AllowOverride all
       Options -MultiView

これで設定は完了したので、
ブラウザでアクセスしてみます。

RAILSの最初の画面が表示されました。

こちらの記事はなかの人(memorycraft)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

三浦 悟

三浦 悟

高円寺在住のなんじゃ系男子 またの名をmemorycraftといいます。 炭水化物大好き 日々の「なんじゃ?」を記事にしてます。