share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.07.01 MON

JAWS-UG 大分 第2回勉強会に参加してきました

吉田 真吾

WRITTEN BY吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

前回の九州ツアーに参加できなかったため、今回が初の大分上陸になります。

大分駅から続く長い長いアーケード商店街のなかにポニーがいました。触ると毛並みが非常によくて暖かくて思わずテンションが上がってしまいました。

○勉強会

■graphplugの話 Colony まつしたこうきさん

8K(7680×4320スーパーハイビジョン)という非常に高解像度の画像に対応したWebカタログサービス「graphplug」。このサービスではPDFなどをアップロードすると、それを画像にレンダリングして、Web上でカタログとして表示ができます。
オンプレのWebサーバーでアップロード受付とレンダリング処理をし、画像をS3に格納し、CloudFrontでエッジから配信しています。導入事例としてnottvの地図配信や番組表、また JUN MEN やムラサキスポーツのWebカタログに利用されています。最近はElastiCache等も導入を始めているそうです。
懇親会などでは ELB をどう使ってるかとか、ElastiCache をどう使ってるかとか個人的にエンジニアトークさせていただき、非常に素晴らしい方だなと思いました。

■Emscripten/asm.js の話 山口さん

asm.js はjavascriptの数値演算に特化し、型指定が厳格なライブラリらしいです。これを使うと、asm.js に対応したブラウザ(たとえばFireFoxの22)であれば、最適化をかけてより高速に演算してくれるそうです。(ですが、あまり速くならなかったという測定結果となりました)
さらに、Emscripten という、C言語のコードから中間コードを生成し Javascript のコードへ変換するツールがあり、Hello, world.などもちゃんと動くらしいのですが、カーネルのビルドをやらせて途中でハング(当たり前ですが)ってそりゃそうだよなって納得するとかそういう楽しみ方があるみたいです。難解すぎてよく分かりません(笑)

そして、最後まで AWS の話が出てきませんでした(笑)

■社会起業大学について 馬渡さん

普段、ECサイトにAWSを利用してる馬渡さんですが、今回はその事例ではなく、地元での後進育成の取り組みの一つ、社会起業大学の北九州校について話されました。

■大規模AWSインフラからセキュアな業務システムまでまるごと支えるAWS cloudpack 吉田真吾
本日はケンコーコムさんやTOYOTAさん、coineyさんなどを事例に、大規模なインフラからセキュアなインフラまで事例をお話しました。

ケンコーコムさんの事例がやたらウケがいいなと思い、後で聞いてみたところ、実はケンコーコムの社長さんの出身が大分だったり、大分でもSAPを利用しているエンドユーザー企業は多くて、コストカットのニーズもあるので、大分で営業を地道にやったほうがいいとアドバイスを受けたり。
ちなみに、私の周りに大分出身のエンジニア、非常に多いのでちょっと聞いておこうかと思います。「SAP on AWS で大分で働こうキャンペーン」ですかね。

■Elastic Beanstalk ハンズオン アマゾンデータサービスジャパン 堀内さん 堀内さんからは Elastic Beanstalk のハンズオン。

参加者がほぼギークのみって感じだったのでちょうど良かったようです。

○懇親会

近くの「八十八夜はなれ」で。

30分500円で飲み放題・食べ放題という、採算を考えてると思えないシステムで結局たっぷり呑んで食べて2000円という破格でした。ぜひとも全国展開して欲しいです。

○運営について

今回の参加者のみなさん、登壇者に限らず Steven さんや藤野さんも含めてみんなギークって感じだったので、このまま定期的に集まって情報共有ができる場であればよいのではないかと感じました。また来ます!

こちらの記事はなかの人(yoshidashingo)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾