share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.08.01 MON

AWS SDK for Android EC2を扱う 起動編

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

前回は、AWS SDK for Android EC2を扱う 接続編を紹介しましたが、今回は、インスタンスの起動と停止の実装方法についてになります。

起動や停止するインスタンスを指定するには、それぞれにクラスの作成が必要になり、起動の場合は、StartInstancesRequest、停止の場合はStopInstancesRequestが該当します。ただし、インスタンスのIDを指定して実行という形ではありません。

○インスタンス起動のサンプルコード

try{    //AWSCredentialsを実装したBasicAWSCredentialsにaccessKeyとsecretKeyを定義    BasicAWSCredentials basiAwsCredentials = new BasicAWSCredentials("accessKey","secretKey");
    //AmazonEC2Clientのインスタンス    AmazonEC2Client amazonEC2Client = new AmazonEC2Client(basiAwsCredentials);
    //Listに起動したいインスタンスのIDを定義    List instanceIds = new ArrayList();    instanceIds.add("instance-hoge");
    //StartInstancesRequestを作成    StartInstancesRequest startInstancesRequest = new StartInstancesRequest(instanceIds);
    //インスタンスの起動    StartInstancesResult startInstancesResult = amazonEC2Client.startInstances(startInstancesRequest);}catch ( Exception exception ){
}

これが実行されると以下の通りEC2の起動が確認できます。

○インスタンス停止のサンプルコード(部分抜粋)

//StopInstancesRequestを作成StopInstancesRequest stopInstancesRequest = new StopInstancesRequest(instanceIds);
//インスタンスの起動StopInstancesResult stopInstancesResult = amazonEC2Client.stopInstances(stopInstancesRequest);

これが実行されると以下の通り停止が開始されたことが確認できます。

起動結果、停止結果もそれぞれに対応したクラスが戻り値として返ってきます。起動の場合は、StartInstancesResult、停止の場合は、StopInstancesResultになります。

こちらの記事はなかの人(hiroki0907)監修のもと掲載しています。元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。