share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

RHEL5でs3cmdをインストール後のS3からファイルダウンロード

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

定期的にS3からファイルをダウンロードする仕組みを入れようと思ったところ、RHEL5は、デフォルトのyumでs3cmdをインストールすることができないため、RPMを探すか、epelを利用するか、ソースからのインストールをするかのいずれかの方法になります。

今回は、RPMでインストールする方法で進めたいと思います。

利用したRPMは、下記になります。
RedHat EL 5 s3cmd 0.9.9.91 rpm

まず、RPMをダウンロードします。

wget ftp://ftp.univie.ac.at/systems/linux/fedora/epel/5/i386/s3cmd-0.9.9.91-1.el5.1.noarch.rpm

そして、ダウンロード後にインストールを行います。

rpm -ivh s3cmd-0.9.9.91-1.el5.1.noarch.rpm

あとは、s3cmdの導入で紹介しているように、アクセスキーIDとシークレットキーを用意し、s3を設定して使えるようにします。
※アクセスキーIDとシークレットキーは、Amazon Web Servicesにてログインし、アカウント>セキュリティ証明書のページより取得します。

実際に、S3から必要とするデータをscpのようにダウンロードします。
※forceオプションは、同じファイルが存在したら上書き
※バケット名はhoge-name

s3cmd get --force s3://hoge-name/data/hoge20110801.csv /home/hoge/hoge20110801.csv

そして上記のファイルが、ファイルがサーバ上にダウンロードできたことを確認し、あとは、ファイル名を作るシェルと組み合わせ、cronなどに登録して完了です。

こちらの記事はなかの人(kenjionsoku)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。