share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.08.18 TUE

複数のAWSアカウントの利用料金を代表1アカウントで支払う「Consolidated Billing」の設定方法

吉田 真吾

WRITTEN BY 吉田 真吾

はじめに

AWSアカウントを複数持っているが、支払いは代表して1アカウントで統一したいなんて需要があると思います。そんなときは Consolidated Billing を使ってみましょう。

どういう人向け?

  • 特定のシステムの「本番/ステージング用アカウント」「開発アカウント」「検証(Sandbox)アカウント」を代表アカウントで支払いたい
  • 自社のエンジニアに勉強のためにAWSアカウントを作らせているが、その料金は会社で払ってあげたい(が、コーポレートカードの情報などは渡したくない)

一家言

  • 本番アカウント/開発アカウント/検証アカウントをまとめる場合、いずれのアカウントもリソースが利用される前提であるため、どれかを代表アカウントにするのではなく、支払い専用のアカウント(EC2やRDSなどのリソースは使わない)を別途開設して管理するほうがよいでしょう。

設定方法

  • 親アカウント:まとめて支払いを行うアカウント
  • 子アカウント:親アカウントに支払いをしてもらうアカウント

1. 親アカウントでの設定

1-1. 親アカウントにログイン

  • 親アカウントで AWS Management Console にログインして Billing & Cost Management 画面を開く

1-2. Consolidated Billing にサインアップ

  • 左ペインから Consolidated Billing を選択し Sign up for Consolidated Billing ボタンを押下する
  • アカウントの確認処理が実行され、しばらくしてリロードすると、子アカウントへのリクエストが可能な状態に変わる

95b151ba-f2aa-c5a3-92e6-14f1e0a3b3a6

1-3. 子アカウントにリクエスト送信

  • 子アカウントのメールアドレスを入力して Send を押下する

8634ec34-a172-e449-8412-3ba4c2213c32

  • 送信したリクエストがPending状態になっていることが確認できる

3a900d2d-be8d-cab2-ff42-8c16e91d68e8

2. 子アカウントでの設定

2-1. リクエストの受入れ

  • 子アカウントのメールアドレスに、リクエストのメールが届くので、リンクを押下する

59cc9c7a-fc41-632e-b23e-36c4ddfb5109

  • リンクから子アカウントにログインして Accept Request でリクエストを承認する

ca1fd04f-b1e7-5d48-8dd4-24e55cab2b67

  • 承認すると、こんな表示になる

85e14eb8-e080-e110-b58c-aa091dd5e033

2-2. 親アカウントでの確認

  • 親アカウントで Pending だったリクエストが Linked に変わっていることを確認する

9c6d8481-1694-9f0f-28ec-aa0fe3ab5fde

元記事はこちら

“kill”コマンドでPHP-FPMをリロード

吉田 真吾

吉田 真吾