share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.08.18 TUE

Nagiosで自作プラグインを使う

廣山 豊

WRITTEN BY 廣山 豊

スクリプト作成

本家に詳しく書かれています。
https://nagios-plugins.org/doc/guidelines.html

引数の書式も合わせておきましょう。

こちらに大量のスクリプトが公開されているので、自作の前に探してみたら、作る手間が省けるかも。
https://exchange.nagios.org/

スクリプト配置

Nagiosサーバーから実行可能なプラグインを使う場合

/etc/nagios/command.cfg
にプラグインを登録します。 

define command {
  command_name  check_hoge
  command_line  /usr/lib64/nagios/plugins/check_hoge
}

次に、上記で指定したパス(/usr/lib64/nagios/plugins/check_hoge)に自作プラグインを置きます。
実行権限には注意すること。

クライアントにて実行するプラグインを使う場合

内部のメモリ状況の監視など、監視対象でスクリプトを動かしたいとき。
nrpeを経由して、スクリプトを実行します。そのため、クライアントにnrpeをインストールしておく必要があります。
/etc/nagios/nrpe.cfgに追加したプラグインを登録します。

check_hogeを追加する場合は以下のように記載します。

command[check_hoge]=/usr/lib64/nagios/plugins/check_hoge -w $ARG1$ -c $ARG2$

次に、上記で指定したパス(/usr/lib64/nagios/plugins/check_hoge)に自作プラグインを置きます。
こちらも実行権限には注意すること。

設定後、nrpeを再起動します。

サーバー側に設定するコマンドは以下のような感じです。

check_command   check-nrpe -H  -c check_hoge -a 

※ファイルパスは環境によって差異があります

元記事はこちら

Nagiosで自作プラグインを使う