share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

SUZ-LAB CentOS 6にEBSを追加

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

今回は、SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.0.0 64bit ap-northeast-1)を想定しています。

○EBSボリュームの作成

AWS Management ConsoleからCreate Volumeにて、下記のように作成します。

○EBSボリュームのアタッチ

AWS Management ConsoleからAttach Volumeにて、
下記のように/dev/sdf1にアタッチします。

○ファイルシステム(EXT4)の作成

せっかくCentOS 6を利用するので、ファイルシステムは下記のようにEXT4で作成します。
※デバイスは/dev/xvdf1と認識されています。

# mkfs.ext4 /dev/xvdf1
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
65536 inodes, 262144 blocks
13107 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=268435456
8 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376

Writing inode tables: done                           
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 24 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

○/etc/fstabに追加

起動時に/mnt/ebs/0でマウントするように、/etc/fstabに追記します。

/dev/xvda1      /          ext4   defaults       1 1
none            /proc      proc   defaults       0 0
none            /sys       sysfs  defaults       0 0
none            /dev/pts   devpts gid=5,mode=620 0 0
none            /dev/shm   tmpfs  defaults       0 0
/mnt/swap/0.img swap       swap   defaults       0 0
/dev/xvdf1      /mnt/ebs/0 ext4   defaults       1 2

○マウントして確認

マウントして、下記のように確認します。

# mount /mnt/ebs/0/
# df -k
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1             6192704   2810692   3067440  48% /
none                    305424         0    305424   0% /dev/shm
/dev/xvdf1             1032088     34052    945608   4% /mnt/ebs/0

○適当なディレクトリ(/home)を追加したEBS(/mnt/ebs/0)に移動

ルートディスク(/dev/xvda1)は6GBしかないので、必要に応じて、
適当なディレクトリを追加してEBSに移動し、シンボリックリンクを張ります。
/mnt/ebs/0以下は / 以下と同じ構造になるようにしています。
Ex. /var/log/httpd -> /mnt/ebs/0/var/log/httpd

# mv /home /mnt/ebs/0/
# ln -s /mnt/ebs/0/home /home
# ll /
合計 80
dr-xr-xr-x.  2 root root  4096  7月 28 21:13 2011 bin
dr-xr-xr-x.  4 root root  4096  7月 28 21:13 2011 boot
drwxr-xr-x  13 root root  3320  8月  4 11:55 2011 dev
drwxr-xr-x. 59 root root  4096  8月  4 12:01 2011 etc
lrwxrwxrwx   1 root root    15  8月  4 12:03 2011 home -> /mnt/ebs/0/home
dr-xr-xr-x. 13 root root 12288  7月 28 21:13 2011 lib
drwx------   2 root root 16384  7月 28 19:18 2011 lost+found
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 media
drwxr-xr-x.  4 root root  4096  8月  4 11:08 2011 mnt
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 opt
dr-xr-xr-x  72 root root     0  8月  4 11:20 2011 proc
dr-xr-x---.  3 root root  4096  8月  4 11:14 2011 root
dr-xr-xr-x.  2 root root  4096  7月 28 21:13 2011 sbin
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 selinux
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 srv
drwxr-xr-x  13 root root     0  8月  4 11:20 2011 sys
drwxrwxrwt.  3 root root  4096  8月  4 11:20 2011 tmp
drwxr-xr-x. 12 root root  4096  7月 28 20:36 2011 usr
drwxr-xr-x. 17 root root  4096  7月 28 20:36 2011 var

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。