share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

プラン料金一覧にRHELの月額費用を追加しました

cloudpack

WRITTEN BY cloudpack

cloudpackの対応OSとして、プラン料金一覧にRHEL(Red Hat Enterprise Linux)の
月額費用を追加しました。

RHELは、2011年6月にRed Hat Enterprise Linux on EC2として、EC2上での時間課金が利用可能になり、
AmazonとRed Hatの双方からサポートを受けることが可能になりました。
少し発表が遅くなりましたが、cloudpackでもRHELを対応OSとして、各専用サーバプランに月額費用を
設けることになりました。

また、プラン料金一覧の表示も金額を色分けして各OSの区別をしておりましたが、複数のOS表示に対応するため、
各OSのロゴを設置いたしました。

詳細については、プラン料金一覧よりご確認ください。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。