share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.08.12 FRI

Postfix Adminを設定する(準備編)

バーチャルドメインの管理をGUIで行うツールとして、Postfix Adminがあります。

このPostfix Adminは、QmailAdminに比べると設定項目が多くなるので、少し手間がかかりますが、Postfixでバーチャルドメインを利用し、mailサーバを運用する場合は、非常に便利だと思います。

尚、Postfix Adminは、Postfix + Dovecot + MySQLで、動作します。
そして、今回利用するミドルウェアバージョンは、下記となります。

  • httpd :2.2.3
  • php :5.3.6
  • mysql :5.5.15
  • postfix:2.3.3-2.1

また、OSはCentOS 5.6となり、Postfix Adminのバージョンは2.3.3となります。

今回、前提条件としてhttpd PHP MySQLはインストール済みとします。

まず、事前準備としてユーザとディレクトリを作成します。

groupadd -g 10000 vuser
useradd -g vuser -u 10000 vuser
mkdir /usr/local/virtual
chown vuser:vuser /usr/local/virtual
chmod 771 /usr/local/virtual

次回より設定手順を書いていきたいと思います。

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。