share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

AWS WindowsでEC-Cube稼働までの道~1.Windowsインスタンスの立ち上げと日本語化

高嶋 裕明

WRITTEN BY 高嶋 裕明

初めまして。
職人見習いの高嶋です。

AWS職人見習いの私は、実際の仕事で必要になった作業を備忘として掲載していこうと思いますので、
既出内容の場合もご勘弁ください。

とある案件で、Windows OS上にEC-Cubeのサービスを立ち上げたいという内容を受け、
EC2 Windowsを立ち上げてみる事になりました。

まず、Launch Instanceで「Microsoft Windows Server 2008 Base」の選択するところからはじまり、
Windowsパスワードを取得してリモートデスクトップでログインするところまでを行います。

早速、XAMPPやEC-Cubeなどを入れたい所ですが、デフォルトで立ち上げたWindowsサーバは
日本語環境になっていません。

そこでまず、「Start」=>「Control Panel」=>「Regional and Language Options」を選択、

「Formats」タブ内の「Current format:」を「Japanese(Japan)」に、
「Keyboards and Languages」タブ内の「Choose a display language:」を「日本語」に設定します。


一旦ログオフを促されますので、再度ログインすると

日本語表示され、キーボードも日本語入力にすることができました。

※この記事は、なかの人(piro556)が書いています。

高嶋 裕明

高嶋 裕明

開発事業部のガラパゴス。秀丸しか使えない技術力のままキャリアを全うしようと奮闘中。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。