share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

AWS Toolkit for Eclipse 2.0 リモートデバッグ

小森隆太

WRITTEN BY 小森隆太

こんにちわ。

職人見習いの小森です。

AWS Toolkit for EclipseとはElastic BeanstalkとはBeanstalkでHelloWorldなどで

数回にわたりAWS Toolkit for EclipseでBeanstalkに触れてきました。

今回、AWS Toolkit for Eclipseが【AWS発表】 AWS Toolkit for Eclipseのバージョン2.0をリリース

バージョンアップという発表がありましたので早速リモートデバッグを使ってみます。

プロジェクトの作成からデプロイまでは省略致します。手順を知りたい方は

インストールやデプロイの手順は前と変わりませんのでこれまでの記事を参考に頂ければと思います。

Eclipseメニュー→デバッグ→「サーバーでデバッグ」を開きます。

上記の画面が開きますので次へを押します。

そして、「サーバーを再始動」にチェックを入れたままOKを押します。

ポートは8443を指定してOKを押します。数分後にリモートデバッグ可能な状態でデプロイされます。

後はデプロイしたプログラムの好きな箇所にブレークポイントを貼ってEclipseのデバッグウィンドウを開き、

Eclipse付属のブラウザからアクセスするとブレークポイントを貼った位置までプログラムが実行されますので

変数などを確認することが出来ます。

※この記事は、なかの人(spitz8008)が書いています。

小森隆太

小森隆太

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。