share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

AWS、Azureなどで利用できるフロントエンド、SpaceBlockの設定方法

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

こんにちは。
職人見習いの櫛田です。

今回は、Amazon S3やWindows Azure Blob Storageなどでも利用することができるフロントエンドの
SpaceBlockの設定方法を紹介します。
対象は、Amazon S3となります。

まず、下記サイトよりSpaceBlockをダウンロードします。

CodePlex.SpaceBlock

インストールが完了すると、下記のような画面が開きますので、マスターのパスワードを設定します。
このパスワードは、SpaceBlockを起動するたびに必用となります。

そうすると、下記のような画面が開きますので、Addをクリックし、デバイスの追加をします。

下記のように、AWS Access Key IDとAWS Secret Access Keyを入力し、Saveをクリックします。

先程設定したマスターのパスワードを入力します。

以上の設定が完了すると、下記のような画面が開き、S3のバケットが反映されているのが確認できます。

では、データをアップロードしてみます。
下記のように、ローカルにあるアップ対象のファイルを選択し、S3側のアップしたいディレクトリも選択します。
そして、ローカル側のTransfersをクリックし、

下記画面のStart Transferをクリックします。
すると、アップロードが開始します。

アップロードが完了すると下記のようにファイルがアップロードされているのが確認できます。

権限を変更するには、ファイルを右クリックし、Edit ACLをクリックし、

下記のような画面から権限を変更し、Saveをクリックすると権限の変更が反映されます。

※この記事は、なかの人(KUSSY8077)が書いています。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。