share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

AWS WindowsでEC-Cube稼働までの道~2.XAMPPをインストール

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

EC-CubeというECサイトシステムをインストールする前に、当然WebサーバやDBサーバなどが
必要になってきますので、XAMPPを使って一発インストールします。

XAMPP for Windowsにアクセスして最新版をダウンロードします。
今回はインストーラを使用します。

基本的にはウィザードを次へ、次へと進めていけばいいのですが、ポイントとなる部分をPrint Screenしておきます。

「Install Apache as service」にチェックを入れる
「Install MySQL as service」にチェックを入れる

晴れてインストールは完了です。
XAMPP Control Panelを立ち上げて、Apacheが起動中なのを確認して

EC2 Windows内のIEを使ってデフォルトでインストールされているコンテンツページにアクセスしてみましょう。

http://localhost/

上記でアクセスして、以下の画面が表示されたらOKです。

あとこの時点で、php.iniの設定を最低限やっておきましょう。
C:xamppphpphp.iniをテキストエディタで開いて

magic_quotes_gpc = Off
date.timezone = Asia/Tokyo
default_charset = “UTF-8”
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto

各項目を上記のように変更します(コメントアウトされていたら外す)。
設定を反映させる為に一度Apacheを再起動。もう一度ブラウザでページが表示されるか確認しましょう。

次回はこのWebサーバを外部公開する設定をしていきたいと思います。

※この記事は、なかの人(piro556)が書いています。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。