share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.08.18 THU

Oracleで複数インスタンスを起動&接続

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

まず、Oracleでレスポンスファイルを利用したCUIでのDB作成で紹介したようにデータベースを作成しますが、データベースは次のようにGDBNAMEとSIDが異なるように作成します。

suzlab1.rsp

...
GDBNAME = "suzlab1.suz-lab.com"
...
SID = "suz-lab1"
...

suzlab2.rsp

...
GDBNAME = "suzlab2.suz-lab.com"
...
SID = "suz-lab2"
...

/etc/init.d/dbstartなどで複数起動する場合は、/etc/oratabを下記のようにしておく必要があります。

suzlab1:/u01/app/oracle/product/11.1.0/db_1:Ysuzlab2:/u01/app/oracle/product/11.1.0/db_1:Y

起動すると、下記のようにOracleインスタンスが二つ立ち上がります。

# /etc/init.d/dbstart start
Starting Oracle Net Listener.

Starting up Oracle Database Instance: "suzlab1".
ORACLE instance started.
Total System Global Area 1068937216 bytes
Fixed Size          2151248 bytes
Variable Size         599788720 bytes
Database Buffers      461373440 bytes
Redo Buffers            5623808 bytes
Database mounted.
Database opened.

Starting up Oracle Database Instance: "suzlab2".
ORACLE instance started.
Total System Global Area 1068937216 bytes
Fixed Size          2151248 bytes
Variable Size         599788720 bytes
Database Buffers      461373440 bytes
Redo Buffers            5623808 bytes
Database mounted.
Database opened.

suzlab1に接続する場合は下記のようになります。(GDBNAMEを指定します)

$ sqlplus sys/password@localhost:1521/suzlab1.suz-lab.com as sysdba

suzlab2に接続する場合も同様です。

$ sqlplus sys/password@localhost:1521/suzlab2.suz-lab.com as sysdba

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。