share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.08.19 FRI

VPCの最小構成

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

VPC自体は、下記のようにCIDR Blockを指定して作成します。
/16以上を指定することはできないため、VPCのネットワークの範囲は、下記のようになります

x.x.0.0 ~ x.x.255.255

作成されたVPCは、下記の通りとなり、

DHCP Options Set,(Main) Route Table,(Default) Network ACL

が割り当てられていることがわかります。

○DHCP Options Set

下記のように自動で作成されています。

○Route Table

こちらも、下記のように自動で作成されていますが、割り当てるSubnetは、
最小構成だと存在しないので、一つも割り当てられていない状態になります。

○Network ACL

Route Table同様、下記のように自動で作成されており、
こちらもSubnetが一つも割り当てられてない状態です。

また下記のように、EC2インスタンスに割り当てるデフォルトの
セキュリティグループも作成されています。

次は、この状態から、EC2インスタンスを立ち上げれるようにしてみます。
(上記ではSubnetが無いので作成することができません)

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。