share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

AWS SDK for Android EBSを扱う ボリューム取得編

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

今回は、EBS関連について紹介します。

内容は、AWSアカウント毎に管理しているEBSを取得する方法になります。
これを取得することで、EBSボリュームの状態を確認することができます。

取得できる内容は、EC2のインスタンスと同じくAWS SDKの独自のクラスで返ってきます。

以下サンプルコード

/*
*amazonEC2ClientはAmazonEC2Clientのインスタンスという前提
*アカウントで管理しているEBSボリュームを取得する
*/
DescribeVolumesResult describeVolumesResult = amazonEC2Client.describeVolumes();

//ボリュームのListを取得
List volumeList = describeVolumesResult.getVolumes();

//各ボリュームの中身を確認
for(Volume volume :volumeList)
{
       //EBSボリュームのID
       Log.i("VolumeId",volume.getVolumeId());

       //容量(ギガバイト)
       Log.i("Size",volume.getSize().toString());

       //状態
       Log.i("State",volume.getState());
}

下記が出力結果になります。

describeVolumesメソッドはDescribeVolumesRequestクラスを引数にすることで、複数のボリュームIDの指定、Filterクラスによる条件も指定可能のようです。

EBS関連はEC2との組み合わせもあるため、ボリュームの作成、EC2へのアタッチ、スナップショットなど、使う頻度の高い機能が多いようなので、今後、紹介していきたいと思います。

こちらの記事はなかの人(hiroki0907)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。