share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.08.22 MON

Postfix Adminを設定する(SMTP-AUTH/Postfix Admin設定編)

Postfix Adminを設定する(MySQL/postfix/設定編)にてPostfixの設定が完了しましたので、次はSMTP-AUTH/Postfix Adminの設定を行います。

・SMTP-AUTHの設定

yum install cyrus-sasl-sql
yum install cyrus-sasl-plain
yum install cyrus-sasl-md5

・smtpd.confの修正

vi /usr/lib/sasl2/smtpd.conf

pwcheck_method: auxprop
auxprop_plugin: sql

sql_engine: mysql
sql_hostnames: localhost
sql_user: postfix
sql_passwd: postfixpasswd
sql_database: postfix
sql_select: SELECT password FROM mailbox WHERE username = ‘%u@%r’ AND active = ‘1’
mech_list: cram-md5 digest-md5 plain login
log_level: 3

・Postfix Adminの設定

ダウンロード

wget http://sourceforge.net/projects/postfixadmin/files/postfixadmin/postfixadmin-2.3.3/postfixadmin-2.3.3.tar.gz/download

・config.inc.php修正

$CONF[‘configured’] = true;
$CONF[‘postfix_admin_url’] = ‘http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3’;
$CONF[‘database_type’] = ‘mysql’;
$CONF[‘database_host’] = ‘localhost’;
$CONF[‘database_user’] = ‘postfix’;
$CONF[‘database_password’] = ‘パスワード’;
$CONF[‘database_name’] = ‘postfix’;
$CONF[‘domain_path’] = ‘YES’;

上記設定後、http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3/setup.phpにアクセスします

入力後、管理者追加を押下すると暗号化された文字が表示されるので、config.inc.phpに下記を追加します。

$CONF[‘setup_password’] =06e06be601caad1bb1f9f7b4589c7231:6b36a3f37effb3e8c4e273ccbd67466583b16ced

上記設定が完了し、下記にアクセスするとログインすることができます。
http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3/login.php

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。