share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.07.27 MON

cloudpackの福利厚生がオモシロい

WRITTEN BY 齊藤 愼仁

19316193726_05366b0076_o

シンジです。「会社のPC環境がスゴイ」の記事ではPC環境に絞って書きましたが、今回は福利厚生の広いお話です。 はっきり言って、会社の福利厚生は大手企業さんの方が充実しています。社食があったり、カフェがあったり、いろいろうらやましー!ですが、cloudpackも社員のライフスタイルと会社への貢献期待を含めた、様々な取り組みが行われていますので「あくまでその一部」をご紹介します。

本番運用のものと、試験運用のものがある

予めご説明しますが、総務部門と役員が最終決定して正式に盛り込んだものと、「こんなのあったらいいんじゃね」的なノリで試験的に運用しているものの2種類があります。

今回は、会社から公にしていない「試験的」な福利厚生も書いちゃいます。

試験運用の物は、後に無くなる可能性もあるのと、実はまだ試験運用開始すらしていない物もありますのでご留意下さい。

まずはよく見る福利厚生からピックアップ

  • 社会保険完備
  • 近隣住宅手当(最大5万)
  • 近隣住宅手当地域への引越し費用補助(最大15万支給)
  • 健康維持の為のスポーツ支援(社員4人が集まってスポーツをする施設利用料半額補助)
  • スポーツ大会参加補助【社員がスポーツ大会に参加する場合、その参加費の半額(上限 1回につき1万円)を補助】
  • 関東ITソフトウェア健康保険組合
  • 会社加入IT健保のスポーツジム利用可(コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、へるすぴあ)
  • 各種資格支援有り(AWS認定試験やTOEICなど全額負担)
  • 産休・育休制度あり

この中で特筆すべきは「近隣住宅手当(最大5万)」です。虎ノ門ヒルズから1km圏内に住むと、毎月5万円もらえます。 社内ではこれを「スーパー近隣手当」と呼んでいます。 もともとはグリー株式会社(英名:GREE, Inc.)さんの福利厚生を参考にしたのがきっかけだそうです。 また、引っ越し費用も最大15万円まで支給されます。家具・家電、敷金礼金、引っ越しに関わるものなら何に充てても良いのです。 ただしこれらは、入社後3ヶ月間の研修期間を終了してから支給されますので注意です。

ちなみに5km圏内であれば、次のように支給されます。

  • 1km以内・・・5万円
  • 2km以内・・・3万円
  • 3km以内・・・2万円
  • 4km以内・・・1万円

扶養家族手当

家族がいると毎月お金がもらえる仕組みです。

  • 配偶者15,000円
  • 子供1人目7,000円
  • 2人目以降5,000円

シンジは猫のすだちくんと暮らしているので、猫モフモフ手当を申請しましたが、却下されました。カナピー。

シフト勤務手当

24時間365日の運用を行っているMSPというチームがあります。巨大組織です。シフトの都合によっては、深夜や休日に出勤しなければなりません。また、シフト勤務ですから、時間厳守です。MSPは大変だし、助けられてるね、ということで出来た制度です。

以下のようなルールで支給されます。

  • 1日1,000円
  • 深夜3,000円
  • 休日祝日は更にそれに加えて1,000円増し
  • 連休はさらに金額を上乗せする

以下は試験運用・企画中シリーズです

ブログ手当(調整中)

ブログを書くとお金がもらえます! だからシンジはブログをやたらと書くわけですね!しかし正確には現金ではありません。グループで使える「予算」がもらえるという仕組みです(8月からを予定?)

これにもルールがあります。

  • cloudpack公式ブログへ転記された記事が対象
  • マーケティング/PR目的を目指す
  • 記事の貢献度をランキングにして、毎週の定例会で発表
  • MVB(Most Valuable Blog)記事には5000円、その他貢献度に応じて最低1000円/記事
  • グループ予算は飲食代やタクシー利用(深夜帰宅除く)ものとする

というわけで、まだまだ調整が必要な企画となっておりますが、お陰様でシンジのブログは賑わいました。

10時~19時に出退勤すると1,000円もらえる手当(試験中)

シフト勤務の方は決められた労働時間があるのですが、実はそれ以外は「裁量労働制」となっていますので、仕事さえきちんとしていれば、何時に出社してもいいという事になっています。 ところが、cloudpackの営業時間は10時〜19時となっており、電話や来客もあるわけで、「これらに対応してくれている人達ありがとう」という意味で、1日1,000円支給しようというわけです。 これは、裁量労働制を制限する物ではありません。

遠方通勤者手当(調整中)

近隣手当はあるものの、事情があって引っ越せない方も多いのです。そこで、通勤に1時間半以上かかる遠方の社員には、月額1万円支給しようという試みです。

通勤にグリーン車つかっていいよ手当(試験中)

新幹線の利用が認められている会社さんもあるとは思いますが、これは通勤に1時間以上かかる社員を対象に、業務多忙な場合に限り、申請をするとグリーン車が通勤で使えるようになるという仕組みです。

「俺の路線グリーン走ってないよ・・・」なんて声もよく聞きますがw

社内勉強会の後、打ち上げしたらお金だすよ手当(調整中)

業務時間後に社内勉強会を開催することがあるのですが、だいたいこの後飲みに行きます。このとき、1人あたり4,000円までなら支給しますよ、という試みです。

社長 <「なんかオモシロい福利厚生ねぇかなー」

他にもいろいろと案は出ていますが、今のところはこんな感じで福利厚生の充実化を図っています。 役員達は、「他の会社に無いようなオモシロい福利厚生」が何かを模索している様子です。

何か思いついたら、教えてあげて下さい!

元記事はこちら

cloudpackの福利厚生がオモシロい

齊藤 愼仁

cloudpack 社内インフラ担当、情報セキュリティ責任者。HPCを経て現職に至る。無類の猫好きで、すだち君という名の猫を飼っている。