share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

VarnishでELBヘルスチェックに対応させる

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

バックエンド関係無しに対応させる方法になります。
とはいえ、Varnishで、ELBにてヘルスチェック用に指定したパス(/healthcheck.txt)が、ステータス200で返るようにすれば大丈夫です。

設定ファイル(/etc/varnish/default.vcl)は下記のようになります。

backend default {
  .host = "www.suz-lab.com";
  .port = "80";
}
sub vcl_recv {
    if (req.url == "/healthcheck.txt") {
        return (error);
    }
    return (lookup);
}
sub vcl_error {
    set obj.http.Content-Type = "text/plain; charset=utf-8";
    if (req.url == "/healthcheck.txt") {
      set obj.status = 200;
      synthetic {"healthcheck"};
    }
    return (deliver);
}

以上で、/healthcheck.txtへのアクセスはVarnishが生きている限り、ステータス200を返し続けるようになり、ELBから切り離されなくなります。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。