share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

ELBからportを削除する

何らかの理由で必要がなくなった、ELBに設定したportを削除する場合は、コマンドラインからの設定となります。
今回は、このport削除方法を紹介します。
※前提条件としてAWS SDK for PHPが設定済みとします。

下記のELBから443portを削除します。

vi del.port
set_region(AmazonELB::REGION_APAC_NE1);
$response = $elb->DeleteLoadBalancerListeners('my-load-balancer', array(443));
var_dump($response->isOK());
?>

del-port.phpを実行します。

(trueが表示されれば成功)

[root@ip-10-150-175-70 sdk-1.3.1]# php del-port.php
bool(true)

443portが削除されているのが確認できます。

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。

元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。