share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.06.23 TUE

Serfで実装するHigh Availability NAT (ENI付け替えパターン)

佐藤 裕行

WRITTEN BY 佐藤 裕行

Serfによる冗長化

Serfにて障害を検知し、ENIを付け替え冗長化を図る構成。

構成図

7fba1d59-ed83-facd-a3be-636b5f8a6b59

実装

以下のスクリプトを設置し、serfのトリガーに設定する。
https://github.com/SatoHiroyuki/ha-nat-script/blob/master/ha-nat-eni

実行方法

ha-nat-eni -e [ENI_ID]

元記事はこちら

Serfで実装するHigh Availability NAT (ENI付け替えパターン)

佐藤 裕行

佐藤 裕行

元NIerの通称砂糖です。AWSのネットワークまわりには詳しいです。現在は構築チームに所属し、多忙な日々を過ごしています。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。