share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.09.08 THU

Oracle追加ユーザー(スキーマ)作成

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

あるOracleDBに、スキーマ違いで同居させてたい場合があります。
この場合、ユーザ=スキーマという考え方なので、ユーザーを追加するようにします。
意外にユーザー作成はあまりやらないのでメモしておきます。

以下の方法は、11gで試していますが、9i、10gでも問題はないと思います。

まず、hogeユーザーを新たに作成します。

ユーザー hoge
パスワード hoge!23
表領域 hoge_data
添付領域 hoge_temp

表領域の追加方法等はOracleで(一時)表領域の作成(とりあえず版)を参照ください。

sqlplus /as sysdbaにてログイン又は、systemユーザーでログイン後以下を実施します。

create user hoge
identified by hoge!23
default tablespace hoge_data
temporary tablespace hoge_temp;

grant connect, resource to hoge;
grant EXP_FULL_DATABASE , resource to hoge;
grant IMP_FULL_DATABASE , resource to hoge;

上記でsqlplus hoge/hoge!23で接続できることを確認します。
ここで大事なのはgrant connectで、これがないとログインできないので注意が必要です。

EXP_FULL_DATABASE
IMP_FULL_DATABASE

上記は、インポートとエクスポートができる権限になります。

あとは必要な権限をシステム権限一覧などを参照し、grantしていくようになります。

以上で、hogeユーザー(スキーマ)として使えるようになりました。

余談ですが、AWS OracleRDSでも上記と同じような手順で作成できると思いますので、次回試してみたいと思います。

こちらの記事はなかの人(kenjionsoku)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平