share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.06.10 WED

AWS Summit Tokyo 2015 体験レポート2日目

cloudpack

WRITTEN BY cloudpack

はじめに

こんにちは、cloudpackです。
前回に引き続き、AWS Summit Tokyo 2015の2日目の様子をお届けします!

当日のセッション資料や動画は下記にて公開中!
http://aws.amazon.com/jp/summit2015-report/details/

[KEY-04] Day2 キーノート

登壇者
Mr. Marco Argenti(VP, AWS Mobile, Amazon Web Services, Inc.)
Mr. Gene Farrell(Head of AWS Enterprise Applications, Amazon Web Services, Inc.)
Mr. Eugene Kawamoto(Sr. Mgr, Business Development, Amazon Web Services, Inc.)

※資料&動画はこちらから

英語での講演のため、同時通訳用のイヤホンが会場入口で配布。

IMG_0203

セッション内容

AWSのモバイル端末向けサービスについての紹介。
モバイルアプリケーションやIoTに最適なAmazon DynamoDBについての紹介。
実際にモバイル端末を使ったデモ映像も公開。

今後の提供予定のサービスに関して発表!

IMG_2869この夏、AWS LamdaとAmazon Cognitoが東京リージョンで利用可能に!!

IMG_2953Amazon WorkDocs 日本後UI&東京リージョンで6月3日より利用可能に!!

発表があると会場中から大きな拍手が巻き起こっていました!

[EA-07] クラウドサービス基盤におけるIaaSからPaaSへの転換と効率性の追求

登壇者
玉井 久視 様(ソニー株式会社 UX・商品戦略本部 クラウド & サービスアプリ開発運用部門 部門長)

※資料こちらから

IMG_29582日目のまい泉はバーガースタイル。
サンドイッチよりちょっとお得な気分でした!

セッション内容

今までは自社開発のシステムを採用していたが膨大な開発・運用工数が必要となっていた。
そしてユーザーに数・データ量の増大による課題顕在化。

役割から再定義して作り直すことを決断!

その後の目標と結果
IMG_2990劇的な変化!!

GitHubにてライブラリの公開

Gobreaker、Sonyflakeなどのライブラリを下記にて公開中!
https://github.com/sony

[EA-08] AWS とNGN(フレッツ・キャスト)による ハイブリット・ネットワークのメリット

登壇者
高橋 幸一 様(東日本電信電話株式会社(NTT東日本)ビジネス開発本部 第二部門 SMBクラウド担当 担当部長)

セッション内容

フレッツ・キャスト

IMG_3022

  • 『フレッツ 光ネクスト』をご契約のお客様にインターネットを経由せずにデータを届けるネットワークサービス
  • フレッツキャストはプロバイダ不要
  • FTTHユーザーの内、7割がフレッツ光のユーザー
  • 高速通信・高セキュリティ・高品質
フレッツ・キャストとAWSのダイレクトコネクトの連携
  • Amazon AWSとNTT東日本のNWを直結し、インターネットを介さない、固定ならではのプレミアムなサービスの提供に貢献!
  • 映像配信やICT教育に活躍
  • 接続はフレッツ光1本で実現

[TC-08] APN Cloud Architecture of the Year 2014 の Top 3 を公開!

登壇者
横田 聡 様(クラスメソッド株式会社 代表取締役)
田部井 一成 様(ハンズラボ株式会社 イノベーショングループ チーフエンジニア)
戸崎 和男 様(株式会社石田大成社 グローバルコミュニケーションデザイン本部 iプラスワン CG制作)

※資料こちらから(一部のみ公開)

『APN Cloud Architecture of the Year』とは

APNパートナーの中で最も優れたアーキテクチャを表彰するアワード。
今年の3月に発表されたアワードにて最終候補となった3社によるプレゼンが行われました。

2014年の受賞はクラスメソッド株式会社様でした。

石田大成社

『Cloud Render』
CG制作におけるAWSの活用についてを講演

ハンズラボ

詳しい内容はスライドシェアにて!

クラスメソッド

内容に関しては公開NG

基本的に撮影・録音が禁止でプレス関係者も立入禁止で行われたセッション。
内容については詳しくは書けませんが、
3社とも「AWSだからこそできること」がフルに活かされた内容だったように思います。

[TE-08] インテルの考える今後のデータセンターとクラウド

登壇者
田口 栄治 様(インテル株式会社 データセンター事業開発部 シニア・スペシャリスト)

※資料こちらから

今後、企業にとってクラウドがどれだけ必要になってくるかをプレゼン。
AWSとの提携事例も紹介。

IMG_3136処理速度の速いインスタンスを使用することでコスト削減になる!

IMG_3140ビッグデータ分析の顧客にはあのNASAも!
世界中だけでなく、宇宙規模でAWSのサービスは幅広く活躍しているのだと実感しました。

[EG-09] NTTドコモの AWS開発ガイドラインと セキュリティデザインパターン事例

登壇者
栄藤 稔 様(株式会社NTTドコモ イノベーション統括部長 執行役員)

詳しい内容はスライドシェアにて

IMG_3169販売取次パートナーとして弊社を紹介して頂きました!
ありがとうございます!

ドコモの積み重ねてきたノウハウを公開!
ユーザー企業によるユーザー企業のためのクラウドソリューション
『ドコモ・クラウドパッケージ』
https://www.39works.net/assets/dcm-cloudconsulting/

弊社でも販売開始を発表させて頂きました。
cloudpack、NTTドコモ提供のドコモ・クラウドパッケージの販売を開始

[MC-05]【パネルディスカッション】伸び盛り企業のAWS 利用あるある!

モデレーター
齊藤 英輔 様(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ストラテジックアカウント本部 兼 テリトリーマネジメント本部 本部長)
パネリスト
田中 沙織 様(オイシックス株式会社 システムサービス部)
久本 英司 様(株式会社星野リゾート グループ情報システム ユニットディレクター)
長沢 翼 様(株式会社ネクスト HOME’S事業本部 プロダクト開発部 技術基盤ユニット プラットフォームグループ)
服部 正和 様(株式会社 地球の歩き方T&E メディア事業部 メディア企画課 課長 兼 WEBインフラ室 室長)

オイシックス

『豊かな食生活を提供する会社』
Oisixを運営
AWSの活用
・新規ECサイト
・オイシックスのテスト環境
・DR環境
・DynamoDBで自動ログイン

星野リゾート

全国で33施設の旅館・リゾートホテルを運営。
ダイレクトコネクトを機にAWSを導入
新規開発プロジェクトから徐々に
・自社HP宿泊予約システム
・販売チャネルデータ連携システム
・海外施設用勤怠システム

ネクスト

『HOME’S』を始めとした、暮らしに関するサービスを提供

地球の歩き方T&E

『地球の歩き方』のWebサイトを運営

Q.AWSの導入について

①ベンダーさんとのつながりエピソード

▼星野リゾート

  • 自社でのサーバーメンテナンスに限界を感じてベンダーへ任せることに。
  • 既存インフラをAWSへ移行するコストを算出して、一度は諦める。
  • その後、別のベンダーからの薦めで新規プロジェクトをAWSで運用することに。
②上司への説得方法

▼地球の歩き方T&E

  • 役員の人達のクラウドに対す誤解を一つ一つ解いていく必要がある
  • 例えば、セキュリティ面に対する不安やAWSは外資系ではないのか?と言う心配。
  • A-WSのサービスはその誤解を解いていくのに最適。
  • コストの削減も出来、海外展開をする際にも海外にリージョンがあるのが魅力的。

Q.AWSを使っていて良かったこと

①エンジニア目線

▼オイシックス

  • 明らかにデータセンタへ行く回数が減った。
  • 作業時間に余裕が出来、ミスをしても挽回もすぐに出来る。
②チーム全体

▼ネクスト

  • 時期によってアクセス数のバラつきがあるが、重量課金制の為コスト面の問題がクリアに。
  • インフラ構築が気軽に試せるのでメンバーの学習意欲が上がる。
  • AWSのサービスを使うことで自社は自社の仕事に注力できるようになった。

Q.メディアに自社商品が取り上げられた時(アクセス数増大)のリスクヘッジ・対策について (質問者:星野リゾート)

▼オイシックス

  • オートスケーリングしなければいけないものは今は無い。
  • 逆にスケールアウトしてコスト削減するようにしている。
  • DynamoDBはスケールアウトに最適かも?

▼ネクスト

  • スポットの対応は特に無し。
  • 何でもオートスケールする仕様にしている。
  • ちょっと多めに構成して、数日様子見をしてから調整するようにしている。

▼地球の歩き方T&E

  • 今はオートスケールをしていない。
  • クラウドフロントで分散するようにしている。
  • 夏の時期はトラフィックが増えるので、時期によって構成を変えている。

Q.失敗したこと・落とし穴・気をつけること

▼地球の歩き方T&E

  • 高スペックで構成したまま見直しをせずに放置してしまい、後日高額な請求が…

▼オイシックス

  • アラートを活用して高額請求を抑止している

Q.クラウドの最適化はどうしているか(質問者:地球の歩き方T&E)

▼星野リゾート

  • オンプレ環境をバージョンアップしてAWSへ移行
  • コスト算出をした結果、既存のシステムをそのまま移行するとコストメリットが出なかった

▼ネクスト

  • オンプレ環境をそのまま、とりあえずAWSへ移行
  • 基本的に全部持っていく
  • 全部持っていた方が柔軟性がある

▼オイシックス

  • オンプレ環境をそのままAWSへ移行してそこから最適化
  • 新しく作るにはリスクが有る

▼星野リゾート(再発言)

  • 将来的には既存のシステムも移行したいとは考えている
  • AWSを浸透させ、社内で「何でもAWS」の空気感が出来たらいけるかも?

Q.AWSと他社との比較

▼ネクスト

  • 4年前の導入時に比較をしたが、EC2・VPCなど基本的なサービスは他社と比較が可能
  • しかし、その他にもサービスが充実している為他社との比較は難しい

Q.これから使ってみたいAWSのサービス

▼地球の歩き方T&E

  • NFS

▼星野リゾート

  • OpsWorks
  • 予約システムを停止させたくない。
  • サービス継続しながらデプロイがしたい。

▼オイシックス

  • 社内インフラでもAWSを使いたい。

Q.AWSにあげられないシステム

▼ネクスト

  • データ量の多い物が移行できない(検討中)

▼星野リゾート

  • ホテル業界の基幹システム(ベンダー側がAWSを採用していないため)

▼地球の歩き方T&E

  • 無い。が、ベンダーが渋ると難しい場合もある。

▼オイシックス

  • Oracle

モデレーターの方からの質問だけでなく、
パネリストの方も他のパネリストの方への質問を投げかけたり、
リアルタイムで会場にいるお客さんから質問を募集したりと
正に「生の声」が聞けるディスカッションとなっていました。

おわりに

2日間で14セッションを聴き、共通して感じたことは
日々の生活で何気なく感じている『楽しい』はAWSが支えている
と言うことでした。

私のような超初心者でも楽しめるAWS Summit!
次回の開催の際には是非、多くのクラウド初心者(未経験者)の方に足を運んで頂いて
AWSの魅力を知ってもらえたらと思います。

関係者の皆さま、2日間お疲れ様でした!!!

関連リンク