share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.01.27 MON

自分(自社)専用のオンラインストレージサービスを簡単に作る方法(on AWS)

石田 知也

WRITTEN BY 石田 知也

cloudpackエバンジェリストの石田知也@tomyankun)です。

皆さん、DropboxとかBoxみたいなオンラインストレージサービス使ってますか?

あれとっても便利ですよね〜♪ 無料で5GBとか使えて、パソコンやスマホからもファイルが同期できるし、共有リンクを相手に送ったりもできますし。
ただ、この手のサービスってちょっとアレですよね、、ほら、「転送スピードがちょっともうこれさぁ」とか、「無料で使える枠超えちゃったんだけど有料枠ほど使う予定ないんだよねぇ」とか(苦笑)

そんな皆さんにお薦めなのがコレ!ownCloud(そのままのネーミング…)

ownCloud.org | Your Cloud, Your Data, Your Way!

↓立ち上げたownCloudのUI(Web)

■何ができるの?(機能)

ざっくり言うと、

  • DropboxやBoxとほぼ同じものを
  • 自己所有のサーバやAWSのようなクラウドサービス上に
  • “自分(自社)専用”として作る

ことができます。

主な機能はこちら。

  • オンラインストレージ(ファイル・カレンダー・タスク共有)
  • WebUIからファイルのドラッグ&ドロップ操作
  • ストレージ上のファイルの暗号化
  • パソコンの仮想ディレクトリとしてマウントし、ファイル同期
  • スマホ(iOS・Android)のネイティブアプリからファイル同期
  • 外部オンラインストレージ(S3やDroxboxなど)との連携
  • ファイルの世代管理(バージョニング)
  • URLリンクによるファイル共有
  • Web上で直接ファイルを閲覧(ファイルビューア)
  • ActiveDirectoryやLDAPなどの、既存ユーザ管理システムとの連携
  • APIによる独自アプリとの連携
  • バックアップ
  • データのエクスポート

↓パソコンの仮想ディレクトリとしてマウントするアプリ


↓スマホ(iOS・Android)のネイティブアプリ


これだけできて、このアプリ自体は無料だってんですから、使わない理由はないでしょ!

■何で動くの?(動作環境)

Windows2008, Linux(Debian, Ubuntu, Fedora, RedHat Enterprise Linux, CentOS and openSUSE)上で動きます。が、我らクラウドゆとり世代ですから、AWSのMarketplaceで一発起動しちゃいましょう。そうすればインフラ部分は一切触る必要がなく、Web UIからちょこちょこっと設定すれば完了です! br> br>

■どうやったら使えるようになるの?(設定方法)

次回に続く! 簡単過ぎて書く必要ないかも…(苦笑)

こちらの記事はなかの人(tomyankuns)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

石田 知也

石田 知也

cloudpackの構築運用ディビションの責任者をやってます。お客様のビジネス・業務における、達成したい事柄・解決したい課題にフォーカスしたシステム提案を信条としています。 AWS SAMURAI 2014(JAWS-UG)

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。