share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2011.09.16 FRI

効果的な活用方法 Vol.3「データ転送量の多いサイトは定額と従量課金を組み合わせよう!」

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

クラウドを導入する際、従量課金ではいったいデータ転送量がどのぐらいになるのか、
予測することが難しいと考える方は多く、また実際に予測できない場合があります。

cloudpackが提供している専用プランでは、データ転送量の100GBまでを含んだ定額の
料金となっています。
さらに、この専用プランとデータ転送量コンサルティングプランを一緒に
ご利用いただくとことで定額課金と従量課金を上手に組み合わせた料金体系を活用
することができます。
また、サーバを一日中稼働させず、利用時間が限られる場合では、ご利用に応じた
料金体系にすることも可能です。

このように、様々な料金体系をご提案することができますので、
お気軽にご相談ください!

詳しい情報については、Vol.3 データ転送量の多いサイトは定額と従量課金を組み合わせ!をご覧ください。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平