share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.09.22 THU

EC2 Windows2008インスタンスにリモート接続を行う

齋藤 充裕

WRITTEN BY 齋藤 充裕

こんにちわ。
職人見習いの齋藤です。

今回は立ち上げたEC2のwindowsサーバにリモート接続をしてみます。

前回、作成したインスタンスをTerminateしてしまったので
同じ設定のものを再度作成してありますが、
今回はそれとは別にwindows2008のインスタンスを立ち上げてあります。
windowsでのインスタンスの立ち上げは
初回に紹介した手順でAMIをwindowsのものを選ぶだけです。

まずは立ち上げたwindowsのインスタンスに固定IPを振る必要があります。
サイドメニュー・NETWORK & SECURITY下に「 Elastic IPs 」という項目があり、
そこで固定IPを取得することができます。

こちらがElastic IPsの画面です。
すでに固定IPを取得した状態になっています。
※一つも固定IPを取得していない場合は、画面中央に
 取得画面に遷移するボタンが表示され、簡単にIPを取得できます。

取得済みのIPを右クリックしメニューを開くと
「 Associate 」という項目があるのでクリックします。

すると「 Associate Address 」というポップアップが表示されるので
固定IPを設定するwindowsインスタンスを選択し「 Yes,Associate 」ボタンを押下します。

次にSecurity Groupで自分のIPのアクセス許可を設定します。
Security Group画面を開き、使用する鍵を選択すると、
コンソール下部にタブが2つ表示されるので
右側の「 Inbound 」をクリックします。
「 Create a new rule 」のプルダウンで「 RDP 」を選択、
「 Sourse 」には自分のIPを入力し、
右下の「 +Add Rule 」ボタンを押下します。
すると右側に作成したルールが表示されます。

次回も引き続き、リモート接続の手順を書いて行きます。

※この記事は、なかの人(Iret_msaito)が書いています。

齋藤 充裕

齋藤 充裕

PHPをメインに細々開発。主食は麺。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。