share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.09.26 MON

EC2 Windows2008インスタンスにリモート接続を行う 2

齋藤 充裕

WRITTEN BY 齋藤 充裕

こんにちわ。
職人見習いの齋藤です。

前回に引き続き、Windows2008インスタンスにリモート接続の手順を書きます。

Security Groupで自分のIPのアクセス許可を設定したので、
サイドメニュー「 Instance 」を押下してインスタンス一覧画面を開き、
Windows2008インスタンスを右クリックしてメニューを開いて
「 Get Windows Password 」という項目を押下します。

するとポップアップが開くので
Private KeyにWindowsインスタンス生成時に指定した秘密鍵ファイルを
参照して指定し、「 Decrypt Password 」を押下します。

これでリモート接続時のパスワードが生成されます。
ここで表示された各項目は忘れないようしっかりメモして残しておきましょう。
これで準備は完了です。

では早速リモート接続をしてみましょう。
リモート接続画面を開き、
コンピュータ(C):にPublic DNSを、
ユーザー名:にはAdministratorと入力し、接続を開始します。
※Public DNSはパスワード生成画面に表示されていたComputerの値を入れます。
 AWS Management ConsoleのElastic IPsでも確認できます。

接続に成功するとユーザーを選択する画面になるので、
Administratorを選択します。
パスワードを聞かれるので、生成したパスワードを入力します。

無事、Windows2008インスタンスにリモート接続ができました。

齋藤 充裕

齋藤 充裕

PHPをメインに細々開発。主食は麺。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。