share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.09.26 MON

node.jsからAWSのAPIを叩いてみる

木村 圭佑

WRITTEN BY 木村 圭佑

こんにちは、
見習い職人の木村です。

今回は、node.jsからAWSのAPIを叩いてみます。

node.jsからAWS APIを使えるライブラリが公開されているので、まずはライブラリをインストールします。

# npm install aws-lib

準備はこれでOKです。
今回は、EC2のインスタンスの情報を出してみます。

aws-sample.js というファイルを作成し、以下ように記述します。

var aws = require("aws-lib");

ec2 = aws.createEC2Client('アクセスキー','シークレットキー',{host:'ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com'});

ec2.call("DescribeInstances", {}, function(result) {
  console.log(JSON.stringify(result));
//console.log(result);
})

上記では、東京リージョンにあるEC2インスタンスの情報を出力しています。
別リージョンの情報を出力したい場合は、hostの部分を変更します。

aws-sample.jsを実行すると、インスタンス名やPublicDNS、セキュリティグループなど、EC2に関する情報が全て出力されます。

※この記事は、なかの人(moresmileman)が書いています。

木村 圭佑

木村 圭佑

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。