share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.09.29 THU

Zend Server CE (4) phpMyAdmin RDS接続

小森隆太

WRITTEN BY 小森隆太

こんにちわ。
職人見習いの小森です。

前回は、Zend Server CE (3) phpMyAdmin インストールでphpMyAdminをインストールし、Zend Serverの管理画面にphpmyadminへのリンクが表示されるところまでをやりました。
今回はその続きで、phpMyAdminにRDSを接続します。

EC2からアクセス可能なRDSが必要になりますので、EC2からRDSへの接続方法がわからない方はLAMP(2)RDS起動から接続までを参照していただければと思います。

phpMyAdminが接続するRDSを設定します。

/etc/phpMyAdmin/config.inc.php
$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'Endpoint';
$cfg['Servers'][$i]['port'] = '3306';
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'http';

※Endpointは、Management Console→EC2→DB Instances→接続するDB Instancse→Descriptionに記載されています。

自分のIPからアクセス可能にするためIPを「XXX.XXX.XXX.XXX」に設定します。

/usr/local/zend/gui/lighttpd/etc/lighttpd.conf
#$HTTP["remoteip"] !~ "127.0.0.1" {
  $HTTP["remoteip"] !~ "127.0.0.1|XXX.XXX.XXX.XXX" {
        $HTTP["url"] =~ "^/phpmyadmin/" {
            url.access-deny = ( "" )
            server.errorfile-prefix = "//usr/local/zend/gui/lighttpd/share/lighttpd-custom-errors/errorcode-"
        }
    }

設定が完了したら設定を反映させるため、Zend Serverを再起動

service zend-server restart

https://public DNS:10082/ZendServer
※Public DNSはManagementConsole→EC2→作成したインスタンス→Descriptionに記載されています

管理コンソールにアクセスし、Open phpMyAdminのリンクを開くとphpMyAdminが開きます。

※この記事は、なかの人(spitz8008)が書いています。

小森隆太

小森隆太

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。