share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.06.08 MON

Apache JMeterをwebsocket対応させる

齋藤 康征

WRITTEN BY齋藤 康征

経緯

JMeterでwebsocketを話す必要性があったので導入しました。
https://github.com/maciejzaleski/JMeter-WebSocketSampler
このサンプラーを入れ、目的を達成する方法となります。

実施した環境

OS X(MacBook Pro 15″)
homebrewでApache JMeterは導入済みです。

作業手順

必要なファイルなどの確認

設置すべきファイル

websocketサンプラーを設置する必要があります。

https://github.com/maciejzaleski/JMeter-WebSocketSampler/releases

また、依存するjarが必要です。

https://github.com/maciejzaleski/JMeter-
WebSocketSampler/wiki/Dependencies

  • jetty-http-9.1.1.v20140108.jar
  • jetty-io-9.1.1.v20140108.jar
  • jetty-util-9.1.1.v20140108.jar
  • websocket-api-9.1.1.v20140108.jar
  • websocket-client-9.1.1.v20140108.jar
  • websocket-common-9.1.1.v20140108.jar

Repositoryより検索し、指定されたものないしはそれ以降のバージョンのjarを入手します。

http://search.maven.org/

ファイル設置場所

https://github.com/maciejzaleski/JMeter-WebSocketSampler/wiki/Installation
必要なファイルを lib/ext/ に入れとけ、とのことです。
今回の場合、すでに導入されているJMeterは2.13でしたので /usr/local/Cellar/jmeter/2.13/libexec/lib/ext がファイル設置場所となります。
先に挙げたファイルを入手し設置した後にJMeterを起動します。

作業後の確認

スレッドグループを右クリックし、「追加」→「サンプラー」で「websocket sampler」が出てくることを確認します。

齋藤 康征

齋藤 康征

cloudpackの @saitara (齋藤 康征)です。 大きなトラフィックと大量のアクセスを好物としてます。