share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

CentOS-6.0 Continuous Release ( CR ) Repository

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

CentOS-6.0 Continuous Release ( CR ) Repositoryは、CentOSの次期バージョン(6.1)の
アップデートパッケージを、現在のバージョン(6.0)で利用するためのリポジトリになります。
セキュリティやバグフィックのアップデートパッケージもあるので、導入が強く推奨されています。

導入は、下記のように行います。

# yum info centos-release-cr
...
Available Packages
Name : centos-release-cr
Arch : i686
Epoch : 10
Version : 6
Release : 0.el6.centos
Size : 3.9 k
Repo : extras
Summary : CentOS continuous release configs
URL : http://wiki.centos.org/AdditionalResources/Repositories/CR
License : GPL
Description: CentOS continuous release configs

# yum install -y centos-release-cr

上記を行うと、下記のようなリポジトリが追加されます。

# cat /etc/yum.repos.d/CentOS-CR.repo
# CentOS-CR.repo
#
# The continuous release ( CR ) repository contains rpms from the
# next point release of CentOS, which isnt itself released as yet.
#
# Look at http://wiki.centos.org/AdditionalResources/Repositories/CR
# for more details about how this repository works and what users
# should expect to see included / excluded

[cr]
name=CentOS-$releasever - CR
baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/cr/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

そして下記のようにアップデートを行うと、実際にCRのパッケージでアップデートされます。

# yum update

次のSUZ-LAB謹製 CentOS AMIで組み込もうと思います。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。