share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.10.04 TUE

コマンドラインツールを使ってELBの操作 その2

宮内 学

WRITTEN BY 宮内 学

こんにちは。
職人の宮内です。

今回は前回の続きでコマンドラインツールを使ってElastic Load Balancingの操作を行なってみます。

最初にロードバランサーを作成します。

elb-create-lb ELB名 
--availability-zones ap-northeast-1a,ap-northeast-1b
--listener "protocol=HTTP, lb-port=80, instance-port=80"
--region ap-northeast-1

上記のコマンドを実行します。

availability-zones :どのゾーンに振り分けるかを指定できる。(複数指定する場合は、カンマで区切る)
listener      :ロードバランサで待ち受けるポート番号とインスタンスのポート番号を指定。

実行後、DNS_NAMEが表示されます。

ELBが作成されたのかどうかコンソール画面でも確認してみます。

コンソール画面でも確認が出来ました。

elb-describe-lbs --region ap-northeast-1

また上記のコマンドでELBの確認が可能です。

作成したELBが表示されます。

※この記事は、なかの人(iret_manabu)が書いています。

宮内 学

宮内 学

cloudpackにて構築、運用を担当しています。様々な課題に対して日々奮闘中。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。