share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.03.19 THU

thor-aws というGemを作った

WRITTEN BY 山口 与力

 こんにちは、cloudpack山口 です。

Thorを使ってRubyで俺俺CLIツールを作ることが多いのですが、毎度毎度似たような処理(credentialsを受け取るオプション、それを使って各サービスのクライアントインスタンスを作ったりetc.)を書いていて不毛だなーと思ったのでGemにしました。

使い方は非常に簡単で、普通にThorを継承したクラスを作って include Thor::Aws するだけです。

これだけで、そのCLIに --access-key-id--secret-access-key--region--profile オプションが追加されます。これらはオプションを受け取った時だけ機能するので、指定しない場合は環境変数やIAM Roleのcredentialsが使用されます。

また、そのCLIに処理を実装するときに #ec2 というプライベートメソッドから Aws::EC2::Resource クラスのインスタンスを呼べるようになります。 #rds#s3 なども同様です。


上記の俺俺CLIを実行するとこんな感じ。

ご利用ください!

元記事はこちらです。
thor-aws というGemを作った

山口 与力

最近うどんばかり食べてる蕎麦県民

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。