share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.10.12 WED

Cloud9 IDEを使ってNode.jsを動かす

木村 圭佑

WRITTEN BY 木村 圭佑

こんにちは、
職人見習いの木村です。

今回は、「Cloud9 IDE」を使ってnode.jsを動かしたいと思います。

まず、「Cloud9 IDE」とは、オンライン上で使えるJavaScript統合開発環境です。
Node.js対応のサーバーサイドJavaScriptのための統合開発環境であり、「Cloud9 IDE」自身もNode.jsで実装されています。

Node.jsを手軽に試してみたい方にはとても便利なツールです。

さて、早速使ってみます。
Cloud9 IDEにアクセスし、会員登録を済ませ、ログインすると以下のような画面に遷移するので、

左メニューの[MY PROJECTS]⇒[Create a new project]でプロジェクトを作成します。

プロジェクトが出来たら、[START EDITING]をクリックして、作成したプロジェクトを開きます。

このままだと、まだプロジェクトは空なので、[File]⇒[New]⇒[JavaScript File]を選んでJavaScriptファイルを作成します。

あとは、ここにコードを書いていくだけです。

var http = require('http');

var server = http.createServer(
 function (request, response) {
  response.writeHead(200);
  response.end('Hello World!');
 }).listen(process.env.C9_PORT);

console.log('Server running');

上メニューの[Run]をクリックすると、実行されます。

※この記事は、なかの人(moresmileman)が書いています。

木村 圭佑

木村 圭佑

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。