share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.08.08 THU

VyattaにPython版AWSコマンドラインインターフェース(CLI)をインストールしてみた

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

スズキです。

下記のVyatta(@j3tm0t0さん作)に

次のPython版AWSコマンドラインインターフェース(CLI)をインストールしてみました。

ただしVyatta内から .egg / .zip / .tar.gz のファイルがダウンロードできなかったので、適当なマシンで下記のようにダウンロードして、Vyattaにアップロードする形で、インストールしました。


# curl -OL https://pypi.python.org/packages/2.6/s/setuptools/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/a/awscli/awscli-0.13.2.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/d/docutils/docutils-0.11.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/a/argparse/argparse-1.1.zip
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/c/colorama/colorama-0.2.5.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/s/six/six-1.3.0.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/b/bcdoc/bcdoc-0.5.0.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/b/botocore/botocore-0.13.1.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/s/simplejson/simplejson-3.3.0.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/o/ordereddict/ordereddict-1.1.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/p/python-dateutil/python-dateutil-2.1.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/j/jmespath/jmespath-0.0.2.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/p/ply/ply-3.4.tar.gz
# curl -OL https://pypi.python.org/packages/source/r/requests/requests-1.2.0.tar.gz

Vyattaへのアップロードは下記のようになっています。


$ sudo su -
# cd /home/vyatta/
# ls -1
argparse-1.1.zip
awscli-0.13.2.tar.gz
bcdoc-0.5.0.tar.gz
botocore-0.13.1.tar.gz
colorama-0.2.5.tar.gz
docutils-0.11.tar.gz
jmespath-0.0.2.tar.gz
ordereddict-1.1.tar.gz
ply-3.4.tar.gz
python-dateutil-2.1.tar.gz
requests-1.2.0.tar.gz
setuptools-0.6c11-py2.6.egg
simplejson-3.3.0.tar.gz
six-1.3.0.tar.gz

まずは”easy_install”を利用できるようにします。


# sh.distrib setuptools-0.6c11-py2.6.egg
...

そして、必要なパッケージを含め”awscli”までインストールします。


# easy_install docutils-0.11.tar.gz
...
# easy_install argparse-1.1.zip
...
# easy_install colorama-0.2.5.tar.gz
...
# easy_install six-1.3.0.tar.gz
...
# easy_install bcdoc-0.5.0.tar.gz
...
# easy_install simplejson-3.3.0.tar.gz
...
# easy_install ordereddict-1.1.tar.gz
...
# easy_install python-dateutil-2.1.tar.gz
...
# easy_install ply-3.4.tar.gz
...
# easy_install jmespath-0.0.2.tar.gz
...
# easy_install requests-1.2.0.tar.gz
...
# easy_install botocore-0.13.1.tar.gz
...
# easy_install awscli-0.13.2.tar.gz
...

シェル上で補完ができるように下記も設定しておきます。(下記参照)

CentOS6でのPython版AWSコマンドラインツールの環境設定(/etc/profile.d/awscli.sh)


# cat /etc/profile.d/awscli.sh
if [ -x /usr/local/bin/aws ]; then
AZ=`curl -s http://169.254.169.254/latest/meta-data/placement/availability-zone`
export AWS_DEFAULT_REGION=`echo $AZ | cut -c 1-$((${#AZ} - 1))`
complete -C aws_completer aws
fi

最後にVyattaにログインしなおすと下記のようにタブで補完しながらAWS(CLI)のコマンドが実行できます。(“IAM Role”使ってます)


$ aws ec2 describe-instances
...

次はVyattaのHeartbeat(cluster)の調査です。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。