share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.02.18 WED

Route53のヘルスチェックにCloudFrontの動作確認をさせる

WRITTEN BY今岡 久敏

こんにちは、cloudpack今岡 です。

Amazon Route53 のヘルスチェックは文句なしに良いサービスです。これを使って Amazon CloudFront のようなCDNサービスが正常に動いているか、ゆるくチェックしてもらいます。

概要

CloudFrontはCDNです。1つのオリジンをいろんなエッジロケーションから配信するのですが、すべてのリージョンから動作確認するには、AWSや他のクラウドベンダーのサービスを使って、世界各国からアクセスする方法があります。ガチでやるなら、各リージョンのEC2を建ててやることになりますが、そこまででも無いならRoute53のヘルスチェックにまかせてしまうという話。

Route53のヘルスチェックについて

四の五の言うより下の図を見てください。
Rote53のヘルスチェックにCloudFrontの動作確認をさせる: 画面

ちなみにこの図は下が切れてます。全部で15箇所からチェックをかけてます。こいつらが本当に各リージョンに散らばっているかは

dig -x ipアドレス

で調べてください。確かに各リージョンに散らばっているのが分かります。(15箇所というのは、去年調べた時より増えている気がする。それはフランクフルトリージョンが増えたからか?)

CloudFrontを調べるには

特記することはありません。単にCloudFrontのエンドポイントを対象URLに指定するか、独自ドメインでやるならCloudFront-CNAMEを通した上で、DNSも通すかのどちらかです。

安いしスゲーよ ヘルスチェック

自動切り替えしか注目されていないように思いますが、このヘルスチェック自体が極めて優秀です。しかも超安い、高くても月2ドルちょい。しかもSLAは100%です。AWSは多くのサービスの冗長化の基板として、DNSが使われています。よって、Route53(インターナルでの利用も含めて) の稼働率を100%とデザインしなければ、ELBやRDSを95-99%とすることは出来ないでしょう。それぐらいRoute53は重要でしかも硬い(AWSもそうせざるを得ない)ということです。

元記事はこちらです。
Rote53のヘルスチェックにCloudFrontの動作確認をさせる

今岡 久敏

「常に新しいモノの方が、古いモノより優れている、というマインドを持てなくなった時、それはエンジニアとしての死を意味する」え、誰の言葉だって?俺の言葉だよ。