share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.10.18 TUE

GitWebでセキュリティグループの状態を確認

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

セキュリティグループの状態をテキスト化&バージョン管理(Git)で紹介したようにGitでバージョン管理をするようになったので、これをWebUIで閲覧できるようにします。

WebUIは以前、gitwebをインストールで紹介したGitWebを利用することにしました。

GitWebはとても使い勝手が良く、下記の設定(Apache)が効いているディレクトリに、/var/www/git/gitweb.cgiをコピーすることで利用できます。

Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script .cgi

多少の設定は必要ですが複数のGitWebを利用する場合は、/etc/gitweb.confに指定するのではなく、下記のようにgitweb.cgiに直接記述する形となります。

...
our $projectroot = "/opt/cloudpack/var/cloudpack.jp/git";
our @stylesheets = ("http://cdn.cloudpack.jp/git/gitweb.css");
our $logo = "http://cdn.cloudpack.jp/git/git-logo.png";
our $favicon = "http://cdn.cloudpack.jp/git/git-favicon.png";
our $javascript = "http://cdn.cloudpack.jp/git/gitweb.js";
...

静的なファイルはCloudFrontに配置するようにしています。

これにより、ようやく下記のようにセキュリティグループの更新履歴や差分をWebで確認する手段が整いました。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。