share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.10.20 THU

Zend Server CE (7) CVSインストール

小森隆太

WRITTEN BY 小森隆太

こんにちわ。
職人見習いの小森です。

前回は、Zend Server CE (6) フレームワーク確認で作ったプロジェクトを実行しました。
今回は、CVSを使えるようにします。

yumでインストールします。

yum install xinetd cvs

設定を変更してcvsを起動可能にします。
disableの設定値をnoに変更し、xinetdを起動させます。

/etc/xinetd.d/cvs
service cvspserver
{
     disable            = no
     port               = 2401
     socket_type        = stream
     protocol           = tcp
     wait               = no
     user               = root
     passenv            = PATH
     server             = /usr/bin/cvs
     env                = HOME=/var/cvs
     server_args        = -f --allow-root=/var/cvs pserver
#    bind               = 127.0.0.1
}
/etc/init.d/xinetd start

xinetdの自動起動設定をします。

chkconfig xinetd on

CVSROOTディレクトリと管理ファイルを作成

cvs -d /var/cvs init

リポジトリの所有権とパーミッションを変更します。

chown -R root.cvs /var/cvs
chmod 775 /var/cvs

グループを追加します。

groupadd -g 500 cvs

パスワードを作成します。

passwd cvs

ログインして正しく設定されているか確認します。先に設定したパスワードを入力します。

cvs -d :pserver:cvs@localhost:/var/cvs login
Logging in to :pserver:cvs@localhost:2401/var/cvs
CVS password:

正常にログイン出来れば認証情報が作成されます。

cat ~/.cvspass
:pserver:cvs@localhost:2401/var/cvs A,dZ

次のコマンドでログアウト出来ます。
ログアウトした場合、認証情報が削除されいるのでcat ~/.cvspassを実行しても何も表示されません。

cvs -d :pserver:cvs@localhost:/var/cvs logout
Logging out of :pserver:cvs@localhost:2401/var/cv

※この記事は、なかの人(spitz8008)が書いています。

小森隆太

小森隆太

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。