share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.02.09 MON

脳筋的QCachegrind on Mac OSXのメモ

こんにちは。cloudpack の 脳筋 (岸上) です。

出, 出, 出, 脳筋的関数呼出回数調査奴~~~wwww

Macに入れる方法

  1. Qt入れる
  2. HomebrewGraphviz とqcachegrindをインストールする
    $ brew install graphviz
    $ brew install qcachegrind
    

起動

$ qcachegrind

QCachegrindを使ったXdebug等のCachegrind形式ファイルの確認ポイント

(0) QCachegrindの動いてるマシンにprofileを転送する
(1) 出力サイズの大きいProfileファイルを開く
(2) Inclの多い順にソートする
(3) そのなかからSelfとCalledが多いものを見つける(自分自身を何回呼んだか)
(4) Call Graphから処理の割合が多いものを見つけて、コール回数の多い関数を見つける
(5) Inclの多いCall GraphとMemoryMapをExport Graph
(6) (4)を見つけたCall GraphとMemoryMapをExport Graph
(7) なおちてって言う。

とにかくSelfの負担の多いものを削ってもらう。

元記事はこちらです。
脳筋的QCachegrind on Mac OSXのメモ