share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

PHPにeAcceleratorを設定

今回は、PHPにeAcceleratorを設定する方法を紹介します。

eAcceleratorの最新版はsourceforge.netからダウンロードすることができます。
(2011/10/24時点での最新版は0.9.6.1になります。)

インストールは下記の手順で行います。

phpize
./configure
make
make install

設定方法については、ダウンロードしたファイルの中にあるREADMEファイルの107行目辺りにあります。
ここに記載されている設定をphp.iniの最後に記述します。

vi php.ini

[eaccelerator]
extension="eaccelerator.so"
eaccelerator.shm_size="16"
eaccelerator.cache_dir="/home/eaccelerator"
eaccelerator.enable="1"
eaccelerator.optimizer="1"
eaccelerator.check_mtime="1"
eaccelerator.debug="0"
eaccelerator.filter=""
eaccelerator.shm_max="0"
eaccelerator.shm_ttl="0"
eaccelerator.shm_prune_period="0"
eaccelerator.shm_only="0"

cache ディレクトリを指定しているので、下記を実行します。

mkdir /home/eaccelerator
chmod 0777

後はapacheを再起動します。

確認方法は下記となります。

php -m | grep eAccelerator

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。