share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.01.21 WED

pyenvをMacにインストールしました。

古渡 晋也

WRITTEN BY 古渡 晋也

はじめに

こんにちは。cloudpack の インフラエンジニアレベル1の @f_prg (古渡) です。
pyenvをMacにインストールしましたので、方法のご紹介になります。

インストール

brewによりインストール

brew install pyenv-virtualenv pyenv
vim /Users/f_prg/.bashrc

.bashrcには下記を追記しておきます。

# pyenv
export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
    export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
    eval "$(pyenv init -)"
fi

pythonをインストールします。

pyenv -v
pyenv install -l
pyenv install 2.7.8
pyenv versions
pyenv global 2.7.8
pyenv versions
pyenv rehash

2.7.8をインストールし、設定しました。

pipのインストール

すでにMacに入っていたの3つをインストールしておきます。

pip install awscli
pip install sphinx
pip install ansible

まとめ

今回は、既存のMacのsystemからの移行を行いました。
パッケージの一覧を保存し、pipインストールを忘れないことが重要です。

補足、おまけ

下記のセットアップもしておくと、自動的にrehashがされるようです。
yyuu/pyenv-pip-rehash

参考資料・リンク

今回はございません。

元記事はこちらです。
pyenvをMacにインストールしました。

古渡 晋也

古渡 晋也

縁があって、cloudpackにジョインしました。 JAWS-UG さいたま支部コアメンバーとしても活動しております。 cloudpackにてインフラ設計・構築・運用をしております。 HadoopやMongoDBなどいろいろ経験しております。 あと、開発もできるエンジニアです。 開発可能な言語はC, C++, C#, アセンブラ, PHP, Ruby, JavaScript, Java, Objective-Cです。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。