share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2015.01.20 TUE

Galera Cluster に Asynchronous replicateion ノードを追加する

岸上 健太郎

WRITTEN BY 岸上 健太郎

こんばんは。cloudpack の 脳筋 (岸上) です。

Galera Cluster を構成しているCluster nodeにはMySQLレプリケーションノードが追加できます。

以下はパラメータの設定例ですが log_slave_updates は必ず有効にしておかないと、 SlaveノードでCHANGE MASTER TOを実行したノードからのトランザクションしかレプリケーションされません。

server_id=
binlog_format=ROW
log_bin=binlog
log_slave_updates=1
relay_log=relay-bin
expire_logs_days=8

さっきかなり痛い目にあった…

んでスレーブを追加する利点ですが(AWS的に)

  • 別AZへのバックアップが可能(GaleraのWANモードでもいいよねというのもあるけど…)
  • スレーブでクッソ重いクエリを思い思いに実行可能

MySQL/MariaDB 5.6/10.0系以上ならGTID使えるから破損してもレプリ元のノードを気にしなくてよくなるよ。という資料を見たのですが忘れてしまった…

元記事はこちらです。
Galera Cluster に Asynchronous replicateion ノードを追加する

岸上 健太郎

岸上 健太郎

頑張るぞ!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。