share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.10.28 FRI

RDSでテーブルロック待機時間を変更する

RDSを利用している場合でも、テーブルロック待機時間の変更をすることは可能で、設定の最大値は、通常のMySQLと同じく、1,073,741,824となります。

設定はSDK for PHPを利用します。
※東京リージョンでパラメーターグループはhogeとします。

require_once("./sdk.class.php");

$rds = new AmazonRDS();
$rds->set_region(AmazonRDS::REGION_APAC_NE1);
$response = $rds->modify_db_parameter_group('hoge', array(
array(
"ParameterName" => "innodb_lock_wait_timeout",
"ParameterValue" => "1073741824",
"ApplyMethod" => "pending-reboot"
),
));

var_dump($response);

?>

ApplyMethodの値が、pending-rebootとなっていますので、設定後RDSの再起動が必要となります。

RDS再起動完了後、接続を行い、下記を実行すれば変更が確認できます。

show variables like “innodb_lock_wait_timeout”;

mysql> show variables like "innodb_lock_wait_timeout";
+--------------------------+------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+------------+
| innodb_lock_wait_timeout | 1073741824 |
+--------------------------+------------+
1 row in set (0.00 sec)

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。