share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.11.01 TUE

SESってなんじゃ?(AWSコンソールにSESが登場)

三浦 悟

WRITTEN BY 三浦 悟

今回は、SESについて紹介します。
アプリケーションを開発する際、ユーザーにメールを一斉送信するようなことが多い場合に、
メールサーバーの負荷やパフォーマンスに対するコストは忘れがちですが、これらが意外とかかります。
そのため、外部のメール配信専用のサービスを利用することも多いかと思います。
SESは一括メール送信のためのサービスで、EC2でEメールを配信する際には是非利用したいサービスです。

先日、このSESがAWSコンソール上で管理できるようになりましたので、
早速試してみたいと思います。

AWSコンソールを開くと、右側にSESのタブが表示されていることがわかります。
SESタブを選択すると、SESのダッシュボードが表示されます。

はじめに、メール送信者のメールアドレスを登録します。
「DashBoard」から「Verify a New Sender」のボタンをクリックすると、
下記のようにダイアログが表示されるので、送信者のEメールアドレスを入力して「Submit」をクリックします。

そうすると、入力したメールアドレスに、確認用のメールが送られる旨のメッセージが表示されます。

AWSサービスから、入力したメールアドレス宛に送信者確認のリンクが記載されたメールが届くので、
リンクをクリックしてメールアドレスの実在確認を行います。

リンクをクリックすると、AWSサービスの画面がブラウザに表示され、認証が完了します。

AWSコンソールに戻り、左ペインの「Verified Senders」メニューをクリックすると、
右ペインに先ほど登録した送信者のアドレスが表示されています。

送信者アドレスの右に「Send Test Email」というテスト送信ができるリンクがあるのでクリックします。
そうすると、テスト送信用のダイアログが表示されます。
SESでのテスト送信は登録した送信者宛にしか送信できません。
ここでは、先ほどの認証された送信者アドレスの一覧から送信先を選択します。
そして、件名と本文を入力し、「Send Test Email」をクリックします。

無事、送信者アドレスにメールが届きました。

アプリケーションで動的に送信先を選択する時など、登録されていないメールアドレスに送信する場合には、
「Dash Board」から、「Request Production Access」のボタンをクリックし、
プロダクション環境での利用申請を行うことで、未登録アドレスへの送信が可能になります。

また、「Dash Board」でメールの使用状況などの統計を確認することができ、管理しやすくなりました。

こちらの記事はなかの人(memorycraft)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

三浦 悟

三浦 悟

高円寺在住のなんじゃ系男子 またの名をmemorycraftといいます。 炭水化物大好き 日々の「なんじゃ?」を記事にしてます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。