share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.01.14 WED

ElastiCache の CloudWatch メトリクス、おれんチートシート

川原 洋平

WRITTEN BY川原 洋平

ども、cloudpackかっぱ (@inokara) です。

はじめに

Amazon ElastiCache 用の CloudWatch メトリクスについてドキュメントが程よく整理されていますが、自分用にチートシート的にメモっておきたい。そのまま写経はダルいので必要(そうな)ものだけを写経する。

参考

概要

メトリクス

以下のメトリクスが提供される

  • ホストレベルのメトリクス
  • キャッシュエンジン(Redis や Memcached)固有のメトリクス

監視間隔

  • 60 秒毎

Namespace と Dimensions

Namespace

  • AWS/ElastiCache

Dimensions

Dimensions は CacheClusterIdCacheNodeId を合わせて指定することが重要!

  • CacheClusterId
  • CacheNodeId

自分はそれを知らずに半日程ハマった。

メトリクス

モニタリングするべきメトリクス

こういう情報有難い!

自分なりに整理した。

メトリクス メトリクスの種類 詳細 閾値 備考
CPUUtilization ホストレベル CPU 使用率 memcached = 90(%)
Redis = 90/CPU コア数(%)
SwapUsage ホストレベル Swap 使用量 memcached = 50(MB)を超えないこと
Redis = アラーム設定不可
Evictions エンジンレベル 新しい領域を確保する為に排除されたキー、項目の数 任意の閾値
CurrConnections エンジンレベル クライアントからの接続数 任意の閾値 memcached = memcached の仕様上、常に 10 以上の数が返される
Redis = リードレプリカからの接続を除く

上記は最低限設定しておきたい。

ホストレベル

以下、ドキュメントへのリンク。

Redis

以下、ドキュメントへのリンク。

Memcached

以下、ドキュメントへのリンク。

Tasseo で可視化

せっかくなので可視化。モニタリングすべきメトリックスホストレベルのメトリックスを ElastiCache for Redis と ElasiCache for memcached でそれぞれ Tasseo で可視化してみる。Tasseo を選んだのは単なる好み。

Tasseo のような補助的なツールだけではなく基本的に CloudWatch からメトリクスを取得する際には…

  • Namespace
  • Dimensions
  • Metrics Name

を指定刷る必要があるので注意すること。例えば、Tasseo の場合には以下のような JS ファイルを用意することになる。

var period = 60;
var refresh = 1 * 60 * 1000;
var usingCloudWatch = true;
var metrics = [
  {
    "target": "CPUUtilization(%)",
    "Namespace": "AWS/ElastiCache",
    "MetricName": "CPUUtilization",
    "Statistics": [
      "Average"
    ],
    "Dimensions": [
      {
        "Name": "CacheClusterId",
        "Value": "kappa-test"
      },
      {
        "Name": "CacheNodeId",
        "Value": "0001"
      }
    ]
  }
]

メトリクスを提供するサービス(AWS のサービス)によっては Dimensions を複数定義する必要があるので更に注意しましょう。

今回はそれぞれにベンチマークツールで適当な負荷を掛けた状態を見てみる。

ElastiCache for Redis

ElastiCache for Redis のモニタリングすべきメトリックスを Tasseo で可視化

ElastiCache for memcached

ElastiCache for memcached のモニタリングすべきメトリックスを Tasseo で可視化

おまけ

各サービスの Namespace と Dimensions

余談…それぞれのページに別れているのを一覧化。

サービス Namespace Dimensions
Auto Scaling AWS/AutoScaling Auto Scaling group
Billing AWS/Billing N/A
Amazon DynamoDB AWS/DynamoDB TableName, GlobalSecondaryIndexName(Require “TableName”), Operation
Amazon ElastiCache AWS/ElastiCache CacheClusterId, CacheNodeId(supply both the CacheClusterId and CacheNodeId)
Amazon Elastic Block Store AWS/EBS Volume ID
Amazon Elastic Compute Cloud AWS/EC2 AutoScalingGroupName, ImageId, InstanceId, InstanceType
Elastic Load Balancing AWS/ELB LoadBalancerName, AvailabilityZone
Amazon Elastic MapReduce AWS/ElasticMapReduce JobFlowId, JobId
AWS OpsWorks AWS/OpsWorks StackId, LayerId, InstanceId
Amazon Redshift AWS/Redshift NodeID, ClusterIdentifier
Amazon Relational Database Service AWS/RDS DBInstanceIdentifier, DatabaseClass, EngineName
Amazon Route 53 AWS/Route53 HealthCheckId
Amazon Simple Notification Service AWS/SNS Application, Application,Platform, Platform, TopicName
Amazon Simple Queue Service AWS/SQS QueueName
Amazon Simple Workflow Service AWS/SWF Domain, WorkflowTypeName, WorkflowTypeVersion(Workflow Metrics) / Domain, ActivityTypeName, ActivityTypeVersion(Activity Metrics)
AWS Storage Gateway AWS/StorageGateway GatewayId,GatewayName, VolumeId

最後に

それぞれのサービスを同じインターフェースで確認出来る CloudWatch ってスゴイなあと思った次第。同じインターフェースで見ようとする弊害が無いとも言えなそう。ElastiCache に限らずだが、モニタリングすべきメトリックスのような情報が各サービス毎にまとまっていたりすると嬉しい。また、ELB のように各メトリクス毎の「推奨統計」(Average や Sum 等)も整理されていると嬉しいかな。

元記事はこちらです。
ElastiCache の CloudWatch メトリクス、おれんチートシート